◇事例詳細 (→ホームページへ戻る

分 類

自然エネルギー 技術・
対策メニュー
太陽光発電


実施地域 東京都板橋区前野町 見次公園内の池
実施者 NTTマルチメディア推進本部(現在は(株)NTTファシリティーズ)

地 目
地 勢 水辺
(→サマリー一覧へ戻る


技術・対策概要

太陽光発電によって日中に電力を貯蔵し、水質浄化システムを稼働させる。水質浄化装置としては、ばっ気ユニット(溶存酸素を回復し悪臭の発生を抑制)、ろ過ユニット(浮遊固形物の除去)、リン吸着ユニット(特殊吸着材により水中のリンを吸着し、富栄養化を抑制)を搭載している。
・大きさ 直径約10m
・太陽電池出力 最大5kw。発電量実績は3,239kWh
・水質浄化装置
ばっ気ユニット2台 処理能力216t/日
ろ過ユニット4台 処理能力144t/日
リン吸着ユニット2台処理能力 36t/日
(処理能力は1日6時間運転した時の水量)


運用開始年月 1998年5月〜  現在利用中

写真:水浄化用太陽光発電システム

効 果

電力供給のために化石燃料を使用せず、太陽光発電で代替することによりCO2排出を抑制。CO2排出抑制量は、年間約1t。

経 費

(1)事業費 55,000千円
(2)うち、補助金   0円
(3)管理費 約 12,000千円(フィルター交換費等含む)


使用メーカー

(株)荏原製作所


維持管理

フィルターの交換等の維持管理作業は、地元事業者に委託。


留意点

・池の容量が大きい場合、釣餌等で水質悪化が著しい場合は、設備の浄化機能を越えることがある。


TOP
(→サマリー一覧へ戻る
Copyright(c)2000 Earth Water & Green Foundation. Network for Sustainable Rural Communities.
 All rights reserved.
財団法人水と緑の惑星保全機構 里地ネットワーク
このホームページの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。