◇事例詳細 (→ホームページへ戻る

分 類

自然エネルギー 技術・
対策メニュー
太陽光発電


実施地域 山梨県甲府市
実施者 山梨県甲府市

地 目 集落
地 勢
(→サマリー一覧へ戻る


技術・対策概要

走行中の自動車が遠方から交差点を確認しやすいよう、太陽電池を利用した発光式の道路鋲を3カ所に設置。日中、太陽光を利用して発電、小型バッテリーに蓄電し、赤・橙色に点滅する。
・太陽電池 多結晶シリコン太陽電池 最大出力1.4W
・バッテリー 2V25Ah
・発光体 赤8、橙8。点滅回数150回/分。


運用開始年月  1997年3月〜  現在利用中

写真:太陽電池式自発光道路鋲(京セラ(株)パンフレット)

効 果

電力供給のために化石燃料を使用せず、太陽光を使うことから、CO2排出をゼロにすることができる。

経 費

(1)事業費 600千円
(2)うち、補助金  0円
(3)管理費  0円


使用メーカー

京セラ(株)(メーカー)


維持管理

バッテリー交換を4〜5年程度で行う必要がある。


留意点

・交通事故の発生が多い交差点に設置したところ、事故が減少する効果があった。
・年間を通して日中10:00〜14:00まで日陰とならない場所に設置する必要がある。


TOP
(→サマリー一覧へ戻る
Copyright(c)2000 Earth Water & Green Foundation. Network for Sustainable Rural Communities.
 All rights reserved.
財団法人水と緑の惑星保全機構 里地ネットワーク
このホームページの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。