◇事例詳細 (→ホームページへ戻る

分 類

ライフスタイル 技術・
対策メニュー
省エネルギー


実施地域 広島県広島市
実施者 (財)広島県環境保健協会

地 目 集落
地 勢
(→サマリー一覧へ戻る


技術・対策概要

(財)広島県環境保健協会では、深刻化する地球温暖化問題や環境、健康にまつわる様々な視点でのライフスタイルをチェックする総合生活点検&設計簿「AHCA(アクア)ノート2000」を作成。毎月の電気・ガス・ガソリン等のエネルギー使用量や缶・紙パック等のリサイクル量を記入することで各家庭からの二酸化炭素の排出量を算出することができるようになっている。平均家庭の二酸化炭素排出量も載せており、各自で比較して、ライフスタイルのチェックもできる。同協会では、1992年からAHCAノートの前身として消費したエネルギー量を知ることが出来る「エコーノート」を作成している。
このノートを普及させるために1999年度から広島県内約700名のモニターに記帳活動や学習会、生活点検、情報誌の提供、アンケート等を実施している。


活動開始年月 1998年4月〜  現在実施中

図:AHCA(アクア)ノート((財)広島県環境保健協会資料)

効 果

家庭における省エネルギー、省資源を推進し、CO2排出を抑制

経 費

(1)事業費    10,000千円(1999年度)
(2)うち補助金 3,300千円(地域省エネルギー活動広報支援事業)
(3)管理費


使用メーカー


維持管理

財団及びモニターによる運営。


留意点

・運動の一層の拡大(地域・モニター数・年齢層等)が課題
・環境だけでなく地域全体に目が向けられるような人材づくりが必要


TOP
(→サマリー一覧へ戻る
Copyright(c)2000 Earth Water & Green Foundation. Network for Sustainable Rural Communities.
 All rights reserved.
財団法人水と緑の惑星保全機構 里地ネットワーク
このホームページの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。