◇事例詳細 (→ホームページへ戻る

分 類

ライフスタイル 技術・
対策メニュー
自然エネルギー


実施地域 北海道
実施者 北海道グリーンファンド

地 目 集落
地 勢
(→サマリー一覧へ戻る


技術・対策概要

風力発電や太陽光発電等自然エネルギーを利用した市民協同発電所づくりを目指す基金制度。月々の電気料金に5%の「グリーンファンド」を加えた額を支払い、グリーンファンド分を、自然エネルギー導入のための基金として運用している。
当初は生活クラブ生協の組合員52名による実験的な取組として始まったが、2000年3月現在では、約800名が参加している。


活動開始年月 1999年3月〜  現在実施中

図:グリーン電気料金制度の流れ(北海道グリーンファンド資料)

効 果

自然エネルギー導入のための資金を確保し、化石燃料代替を促進することにより、CO2排出抑制に寄与。

経 費

(1)事業費   −
(2)うち、補助金 −
(3)管理費 −


使用メーカー


維持管理

北海道グリーンファンドによる自主運営。


留意点

正会員は北海道電力管轄内の地域に住んでいる個人に限られているが、他地域の人、団体・法人も協賛会員として参加することができる。


TOP
(→サマリー一覧へ戻る
Copyright(c)2000 Earth Water & Green Foundation. Network for Sustainable Rural Communities.
 All rights reserved.
財団法人水と緑の惑星保全機構 里地ネットワーク
このホームページの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。