◇事例詳細 (→ホームページへ戻る

分 類

ライフスタイル 技術・
対策メニュー
リデュース


実施地域 熊本県水俣市
実施者 ゴミ減量女性連絡会議

地 目 集落
地 勢
(→サマリー一覧へ戻る


技術・対策概要

ゴミ減量運動の一環として、水俣市のNGO「ゴミ減量女性連絡会議」と地元の大手スーパー4社の間で、「食品トレー廃止申し合わせ書」を締結。キュウリやホウレンソウなど65品目の発泡スチロール製のトレーを廃止していくことになった。現在では、裸売り、ラップ売りに切り替えて販売されている。
アサリや高菜漬けなどの31品目についても、トレーを廃止することを検討している。


活動開始年月 1997年12月〜  現在実施中


効 果

プラスチックゴミの燃焼に伴うCO2排出を削減。

経 費

(1)事業費 約63千円
(2)うち、補助金 −
(3)管理費 −


使用メーカー


維持管理

地元スーパーの自主的取組。


留意点

・他の産地からパッキングされてきたもの等については、適用除外となっているため、トレー付きの商品もある。


TOP
(→サマリー一覧へ戻る
Copyright(c)2000 Earth Water & Green Foundation. Network for Sustainable Rural Communities.
 All rights reserved.
財団法人水と緑の惑星保全機構 里地ネットワーク
このホームページの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。