◇事例詳細 (→ホームページへ戻る

分 類

森林・緑化 技術・
対策メニュー
森林管理(ボランティア)


実施地域 兵庫県
実施者 ひょうご森の倶楽部

地 目
地 勢 森林
(→サマリー一覧へ戻る


技術・対策概要

「森を守り育て活かしひろげる」活動を通して森林に親しみ、森に対する理解を深め、豊かな森づくりを進めるための技術の向上を目指す活動のひとつとして、森林ボランティア活動を行っている。1994年度に、兵庫県が森林ボランティア講座を開催し、その受講者のメンバーが中心になって「ひょうご森の倶楽部」をつくった。
兵庫県内の森林で、人工林(スギ、ヒノキ他)の枝打ち・除間伐、雑木林の柴刈り・歩道づくり等を行っている。登録ボランティアは約120名。


事業開始年月1996年4月〜  現在実施中


効 果

森林管理によりCO2吸収を促進

経 費

(1)事業費         6,937千円(1998年度)
(2)うち補助金(社)国土緑化推進機構 3,000千円(緑の募金交付金)(社)兵庫県緑化推進協会1,000千円(緑化事業助成金)
(3)管理費     108千円(年間)


使用メーカー


維持管理

現在、兵庫県下18カ所で、ひょうご森の倶楽部会員(ボランティア)が森林管理を行っており、各場所でリーダーによる指導の下、月一回程度、下草刈り、除間伐、柴刈りなどを実施。


留意点

・若い人の参加が課題。
・当初は都市部の参加者が多かったが、地元の森林に対する意識が変化し、地元の参加も見られるようになった。
・雑木林管理に関して森林計画書を参加者と地元で作成した。


TOP
(→サマリー一覧へ戻る
Copyright(c)2000 Earth Water & Green Foundation. Network for Sustainable Rural Communities.
 All rights reserved.
財団法人水と緑の惑星保全機構 里地ネットワーク
このホームページの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。