◇事例詳細 (→ホームページへ戻る

分 類

森林・緑化 技術・
対策メニュー
植林


実施地域 茨城県那珂郡美和村
実施者 ピジョン(株)

地 目
地 勢 里山
(→サマリー一覧へ戻る


技術・対策概要

森林保護意識の育成と、親子の一生の思い出づくりを目的に、赤ちゃんの誕生の記念に苗木を植樹するキャンペーン。総合育児メーカーのピジョン株式会社が、美和村役場、茨城森林管理署、美和村観光協会、美和木材協同組合、地元自治会等と協力して実施している。
1987年の開始以来、毎年3000〜6000名、14年間で59,500人の赤ちゃんが参加。1人1本、累計59,500本のスギ、ヒノキを茨城県美和村の国有林に植えてきた。植林面積は20ha。
植樹への参加費は無料で、植樹に必要な苗木代、作業費、50年間の維持管理費は全額ピジョン株式会社が負担し、50年後伐採した収益金(ピジョン持分)は福祉団体に寄付する予定。


事業開始年月 1987年5月〜    現在実施中

写真:赤ちゃん記念植樹

効 果

植林によるCO2吸収効果、140t/年*

経 費

(1)事業費 20,000千円(1999年度)
(2)うち、補助金
(3)管理費 約3,500千円(年間)


使用メーカー


維持管理

地元の木材協同組合に委託し、年1回の下草刈り、3年前からは間伐を行っている。道路補修も必要に応じて行っている。


留意点

・限られた経費を無駄なく活用するため、イベント内容も順次手作りを基本に切り替えている。行政との役割分担も今後の検討課題。
・村と植樹者との交流が深まっている。美和村を第2の故郷として、毎年、親子連れで賑わっている。


TOP
(→サマリー一覧へ戻る
Copyright(c)2000 Earth Water & Green Foundation. Network for Sustainable Rural Communities.
 All rights reserved.
財団法人水と緑の惑星保全機構 里地ネットワーク
このホームページの全ての内容について、一切の転載・改変を禁じます。