里地ネットワーク 建築再生事例集  表紙へ戻る  次の事例へ
かかし古里館 (旧幌似小学校)
北海道岩内郡共和町南幌似103-13

●学校建築の再生●公共建築物●1933(昭和8)●68歳



 他の写真を見る  図面を見る

詳細
所有者の変遷 共和町
設計者、施工者、
その他情報
様式、特徴
構造 木造
建物の使われ方 安政四年の開拓以来の歴史と文化的資料を展示している。入場料100円。
年間利用者
歴史、変遷 主産業である農業にかかわった先人達の開拓や生活文化の歴史などを後世に伝える施設として平成6年にオープン。併設されている旧幌似小学校は、昭和8年に建築されたもので、平成9年に歴史的建造物として当時の姿に復元保存されている。校舎内には、開校当時の教室を復元。または、多くの町民から寄贈頂いた農機具や生活用具などを展示している。
地域の思い
再生の目的
保存・再生活用
に至る経緯、
地域の意見
手本事例
機能・用途の変更
のための
改修操作
法規クリアの
ための改修操作
建築の歴史や
記憶を残すために
保存したもの
改修にあたって
現場で発見した
苦労など
改修当時の
法規との関係
クリア
文化財等の指定
事業費 約194,380,000円
補助金 北海道市町村振興補助金/46,000,000円(24%)
改修後の声/
今後の展望
その他
参考資料
           
 表紙へ戻る 里地ネットワーク 建築再生事例集  次の事例へ