里地ネットワーク 建築再生事例集  表紙へ戻る  次の事例へ
太田家住宅 太幸邸
岩手県岩手県胆沢郡前沢町

●住居建築の保存(住み続けながらの保存)●民間建築物●1910(明治43)●91歳

 築90年を過ぎた現在も生活の空間として使われ続けている住宅。現代の住宅の寿命が30年とも20年とも言われていることがひどく悲しい。県指定文化財であるが、魅力の反面、大勢の見物者がやってくるので住み続けながらの保存には、持ち主にとって一般への公開などの大きな負担ものしかかってくる。太幸邸「白鳥梅の会」の活動拠点として、全国の文化財的な古い建物や庭の所有者のネットワーク、日本建築や日本庭園の技術者・技能者のネットワークづくりをしている。

 図面を見る

詳細
所有者の変遷 個人
設計者、施工者、
その他情報
葛西萬司
様式、特徴 建築用材は杉が主で、柱材・土台・天井板・板戸などに用いられている。床材は栃・松・欅が用いられ、天井は杉・桧葉、敷き居は桜材が用いられている。欄間の透かし彫り飾り板は神代杉である。杉四方柾の二階の通し柱、三十尺物の長押など
構造 木造
建物の使われ方 太幸邸「白鳥梅の会」の活動拠点として、全国の文化財的な古い建物や庭の所有者のネットワーク、日本建築や日本庭園の技術者・技能者のネットワークづくりをしている。
年間利用者
歴史、変遷 日露戦争の不況に見回れ、明治25年、28年の大凶作で農村が極度に疲弊したため、窮状救済事業の一つとして、五代幸五郎が明治43年に屋敷を新築した。以来現在に至るまで生活空間として利用されている。
地域の思い
再生の目的
保存・再生活用
に至る経緯、
地域の意見
手本事例
機能・用途の変更
のための
改修操作
法規クリアの
ための改修操作
建築の歴史や
記憶を残すために
保存したもの
改修にあたって
現場で発見した
苦労など
改修当時の
法規との関係
文化財等の指定 県指定文化財
事業費
補助金
改修後の声/
今後の展望
その他
参考資料
           
 表紙へ戻る 里地ネットワーク 建築再生事例集  次の事例へ