里地ネットワーク 建築再生事例集  表紙へ戻る  次の事例へ
清華園
千葉県千葉県市川市中山

●戦後住宅の保存●公共建築物●1963(昭和38)●38歳

 (市川市の事例 → 1 2 3 4 5 )

詳細
所有者の変遷 個人→市川市
設計者、施工者、
その他情報
様式、特徴
構造 木造
建物の使われ方 平成4年に市に寄贈された建物の一部を集会スペース、一部を庭園として整備し、市に開放している。
年間利用者
歴史、変遷 江戸時代、享保年間(1716-36)から居住する旧家で、明治以降は「清華堂」という文房具屋と書店とした石井家の住居で、地域社会に親しまれていた。平成4年に石井はなさんから市に寄贈され、庭園も憩いの場となっている。
地域の思い
再生の目的 中山法華寺参道という立地条件を活かした「中山芸術村」のコア施設として、街案内の拠点、地域文化発信の拠点としたい。
保存・再生活用
に至る経緯、
地域の意見
手本事例
機能・用途の変更
のための
改修操作
ギャラリーとして活用出来るようなピクチャーレールやライティングレールなどの設置。
法規クリアの
ための改修操作
建築の歴史や
記憶を残すために
保存したもの
改修にあたって
現場で発見した
苦労など
改修当時の
法規との関係
文化財等の指定
事業費
補助金
改修後の声/
今後の展望
市民を中心とする自主管理事業実行委員会をどう組織していくか。
その他
参考資料
           
 表紙へ戻る 里地ネットワーク 建築再生事例集  次の事例へ