里地ネットワーク 建築再生事例集  表紙へ戻る  次の事例へ
小平ふるさと村(旧小平小川郵便局)
東京都小平市天神町2-57

●古民家園●公共建築物●1908(明治41)●93歳



 他の写真を見る  図面を見る

詳細
所有者の変遷 郵政局→小平市
設計者、施工者、
その他情報
様式、特徴 平家造り、鉄板平茅葺き入母屋造り
構造 木造
建物の使われ方 古民家園として解放している。明治末期から昭和期にかけての郵便局の様子を知ることができる。
年間利用者
歴史、変遷 明治42年、前郵便局が閉局し、局長が荒井伊佐衛門に交代継承されてから、だいだい荒井家が局長職を受け継いでいた。当時の郵便局は自宅を改修したものが多かったがこの郵便局は新築したものである。大正10年から昭和19年まで新たに電話交換業務も加えられ、局舎内を改造して電話室や電話交換室が設けられた。大正2年には青梅街道を140m東へ曳屋し、小川町1-2095に移転、以後昭和58年まで長木に渡り地域住民に親しく利用されてきた。
地域の思い 長い間、地域の郵便局として現役を続けてきたため、地域住民に親しまれている。
再生の目的
保存・再生活用
に至る経緯、
地域の意見
手本事例
機能・用途の変更
のための
改修操作
建築当初の形に戻すのではなく、局舎を抽屋移転し、内部を改造して郵便業務を加え電話交換業務も行っていた大正末期頃の形に復元した。
法規クリアの
ための改修操作
建築の歴史や
記憶を残すために
保存したもの
改修にあたって
現場で発見した
苦労など
改修当時の
法規との関係
文化財等の指定 市指定有形文化財
事業費
補助金
改修後の声/
今後の展望
その他
参考資料
           
 表紙へ戻る 里地ネットワーク 建築再生事例集  次の事例へ