里地ネットワーク 建築再生事例集  表紙へ戻る  次の事例へ
山月
神奈川県小田原市板橋

●住居建築の保存●民間建築物●1920(大正9)●81歳



詳細
所有者の変遷 (株)小林平三商店
設計者、施工者、
その他情報
様式、特徴 この建物は一見豪華な御殿風に見えるが、実は瀟洒な別荘建物である。重量感のあるがっしりとした門柱、門扉を抜け滝、中国の聖人を眺め、しゃれた唐破風をのせた建物当時の玄関の前に来ると柏犬2体が客を迎えている。応接間の天井は、網代と杉柾の市松模様、男爵が利用した2階の居間は板戸には梅、水仙、つわぶき等の草木を彫金細工と岩絵の具で描かれていたりと各部屋とも大変手が込んでいる。
構造 木造
建物の使われ方 「小田原ゆかりの優れた建造物」見学会を年2回開催(春はバスで各認定建造物を巡る見学会、秋は二日間一般公開する。)
・各認定建造物の門前に説明看板を設置
年間利用者
歴史、変遷
地域の思い
再生の目的
保存・再生活用
に至る経緯、
地域の意見
手本事例
機能・用途の変更
のための
改修操作
法規クリアの
ための改修操作
建築の歴史や
記憶を残すために
保存したもの
改修にあたって
現場で発見した
苦労など
改修当時の
法規との関係
文化財等の指定
事業費
補助金
改修後の声/
今後の展望
その他 「小田原ゆかりの優れた建造物」認定
参考資料
           
 表紙へ戻る 里地ネットワーク 建築再生事例集  次の事例へ