里地ネットワーク 建築再生事例集  表紙へ戻る  次の事例へ
平成大野屋二階蔵
福井県大野市元町

●登録文化財●民間建築物●明治時代末期●約110歳



 図面を見る

詳細
所有者の変遷 平成大野屋
設計者、施工者、
その他情報
様式、特徴 敷地の北奥に位置する2階建ての土蔵で、外壁を彫子下見貼りとする。元大七銀行所有の土蔵で、内部は欅材を用いた堅実な造りとし、隣接する戦後の福井大震災の不レース入りの土蔵と対照をなす。
構造 木造
建物の使われ方 大野市としては、敷地が「まちなか観光ルート」上に有り、亀山周辺整備地域に隣接することから七間朝市などにつながる町中観光拠点施設として購入し、再生利活用する。予定では、1階および2階を大野屋関連の展示資料館とする。再現模型、再現映像、パネル展示などを行い、この施設の歴史を知ってもらう。
年間利用者
歴史、変遷 明治20年頃に大七銀行の担保蔵として建てられた。現在は使用されていない
地域の思い 市民の間からは二階蔵は「大野屋」の存在した場所であるということから、一つの民間会社であったのにもかかわらず平蔵と同様に繊維の町大野のシンボルとなっている。
再生の目的 観光拠点
保存・再生活用
に至る経緯、
地域の意見
手本事例 秋田県角館町 叶シ宮家
機能・用途の変更
のための
改修操作
保存再生のルールとして間取りの蘇生/長所を活かした改変、構造の補強/不変部分の補強、再生機構の継承/可変部分の変更、伝統技術の継承/技術・素材の再生、現代性の創出/新しい息吹の付加の6つの項目をかかげ計画中である
法規クリアの
ための改修操作
建築の歴史や
記憶を残すために
保存したもの
改修にあたって
現場で発見した
苦労など
改修当時の
法規との関係
文化財等の指定 登録有形文化財
事業費 49,800,000円
補助金
改修後の声/
今後の展望
その他
参考資料
           
 表紙へ戻る 里地ネットワーク 建築再生事例集  次の事例へ