里地ネットワーク 建築再生事例集  表紙へ戻る  次の事例へ
海辺の文学館
愛知県蒲郡市竹島町424-1

●部材保存●公共建築物●1910(明治43)●91歳
 他の写真を見る

詳細
所有者の変遷
設計者、施工者、
その他情報
様式、特徴 大正・昭和期の蒲郡に馴染んできた歴史的建造物、「岡本医院」の建物を模倣復元したもの。
構造
建物の使われ方 文学関係の記念館として活用。
年間利用者
歴史、変遷 市街地にあった明治末期建築の開業医宅を、海岸沿いの観光地に場所を移して模倣復元。文学関係の記念館(市施設)に転用した。
地域の思い 蒲郡市は「海の眺めは蒲郡」と鉄道唱歌に歌われた景勝地で、とくに本市のシンボル「竹島」とその周辺の海岸風景は絶賛され、東海地方屈指の保養地として多くの人々に親しまれてきました。とりわけ明治末期に、名古屋の実業家・滝信四郎氏により竹島の海岸に建てられた料亭「常磐館」からの眺めは格別なもので、大正・昭和期に渡り、多くの文人たちに愛されてきました。
再生の目的
保存・再生活用
に至る経緯、
地域の意見
「常磐館」は、名声を高めつつも建物の老朽化とともに世相の移り変わりに対応できなくなり、惜しまれつつも廃業となり昭和57年に取り壊された。しかし、「常磐館」を愛した人々の「常磐館への強い思い」、いわゆる「常磐館文化」を後世にいつまでも継承してゆくためにこの「海辺の文学記念館」が建設された。建物は、常磐館にまつわる文化的、歴史的価値を少しでもよみがえらせ、蒲郡市の文化振興の拠点となるよう、常磐館がかつて建てられていたのと同じ地に建てられている。建物は常磐館が建てられたのと同時期(明治末期)に建設された、市内中央本町にあった、岡本医院の建物を模倣復元したもの。
手本事例
機能・用途の変更
のための
改修操作
法規クリアの
ための改修操作
建築の歴史や
記憶を残すために
保存したもの
実際に使用した部材は、梁等の一部に過ぎず緻密な意味での移築ではないが、外観等の意匠については、極力当時のままであることを尊重した。
改修にあたって
現場で発見した
苦労など
改修当時の
法規との関係
文化財等の指定
事業費 69,807,000円
補助金 平成8年度 愛知県地域個性形成事業費補助金/20,600,000円(30%)
改修後の声/
今後の展望
その他
参考資料
           
 表紙へ戻る 里地ネットワーク 建築再生事例集  次の事例へ