里地ネットワーク 建築再生事例集  表紙へ戻る  次の事例へ
六角堂
兵庫県西宮市今津二葉町

●学校建築の保存●公共建築物●1882(明治15)●119歳



 図面を見る

詳細
所有者の変遷 今津小学校
設計者、施工者、
その他情報
様式、特徴
構造 木造
建物の使われ方 1階は六角堂の歴史資料の展示コーナーと地域の人々へ開放する集会室、2階は視聴覚室として使用している。
年間利用者
歴史、変遷 明治15年に今津小学校の独立学舎として建てられた木造2階建の建物である。洋風の近代的な建築で、正面玄関上の六角形の塔屋が当時の人々の目を驚かせた。太平洋戦争の戦禍を免れ、小学校の敷地内で校舎建替などに伴い何度か移転された後、現在の「酒蔵通り」に面した位置に移設されされた。小学校校舎、今津公民館、今津幼稚園と用途を変えて来たのだが、現在は今津小学校の学舎に戻り、一部は地域にも開放されている。
地域の思い 今津小学校の建設費約8,000万円のうち5,200万円が地元有志の寄付によるもので、当時の地元住民の教育への熱意が感じられる。
再生の目的
保存・再生活用
に至る経緯、
地域の意見
六角堂への愛着は現在にも受け継がれ、平成10年に現在の位置に移す計画段階でも「六角堂を今の姿のまま残して欲しい」という強い要望が取り入れられた。
手本事例
機能・用途の変更
のための
改修操作
法規クリアの
ための改修操作
建築の歴史や
記憶を残すために
保存したもの
改修にあたって
現場で発見した
苦労など
改修当時の
法規との関係
文化財等の指定
事業費 約81,700,000円
補助金
改修後の声/
今後の展望
その他
参考資料
           
 表紙へ戻る 里地ネットワーク 建築再生事例集  次の事例へ