里地ネットワーク 建築再生事例集  表紙へ戻る  次の事例へ
旧石橋家住宅 
兵庫県伊丹市宮ノ前2丁目193

●住居建築の保存●公共建築物●明治初年頃●約130歳



詳細
所有者の変遷 石橋家→伊丹市
設計者、施工者、
その他情報
様式、特徴 建築年代は幕末から明治初年頃と推定され、商家としての表構えが良く残っている。得に玄関の摺り上げ戸、はねあげ戸、ばったり床几等は、改造がなく建立当初の姿をよく止めている。内部は2階建て。1階は土間と座敷等の住居区と店に別れ、2階はフレ2階の板間と座敷が5部屋配されている。全体に改造は少なく、当初の商家の様子を良く伝えている。
構造 木造
建物の使われ方 歴史資料館機能に加えて座敷きを各種の講座に利用できるよう貸部屋を行っている。
年間利用者
歴史、変遷 昭和30年代頃までは、古い建物が残り、商業の中心として賑わいを見せていたが、商圏が移って廃れ、また、平成7年の阪神・淡路大震災により古建築が消えていった。そのため、旧石橋家住宅を近くに移築、復元し、酒造業で栄えた伊丹郷町を後世に伝えていきたい。
地域の思い
再生の目的
保存・再生活用
に至る経緯、
地域の意見
手本事例
機能・用途の変更
のための
改修操作
法規クリアの
ための改修操作
建築の歴史や
記憶を残すために
保存したもの
改修にあたって
現場で発見した
苦労など
改修当時の
法規との関係
文化財等の指定 市指定有形文化財
・移築を決定する段階で市指定文化財に指定したため、建物の変更に制限があり、空調設備がない等、今後の活用の障害となることが予想される。
事業費
補助金
改修後の声/
今後の展望
その他
参考資料
           
 表紙へ戻る 里地ネットワーク 建築再生事例集  次の事例へ